抽象の力


[tag: book]

岡崎乾二郎「抽象の力」を読んだ。

dataがinformationになる過程。
何らかの判断基準に基づく同一視によって、 無数のdataが少数のinformationへと圧縮され、 判断基準に応じた形式を帯びる。
把握、認識、理解を包含するその除算の過程を、 「抽象」として取り出そうとする過程もまた、 抽象である。

そのような絶え間ない抽象の重なり合いについての 自覚が、19世紀末から20世紀にかけて、科学、 美術、文学などの様々な分野において、互いに 呼応するかのように生じたのだろう。

ある状況を高圧縮率で抽象し、単線的なチェインや 対称性を多く有する形態のように、自由度の小さい 単純なモデルで元の状況を置き換えれば、把握する ことは容易になる反面、表現できることは限られる。
単純なモデルへの抽象は持続する傾向を有し、 元の状況は静的なものへと固定化されてしまう。
「善」とは、この傾向のことを言うものである。

逆に、ほとんど圧縮しないでいては、それを把握 したことにならない。
人間の処理能力は、世界を圧縮せずに把握できる ほど高くない。
仮に、世界を圧縮せずに把握できる神のような 把握能力があったら、社会、国家、主体、人間、 といったかたちで集合することはなく、それは 単なる状況そのものとして存続するだけだろう。

いくつものチェインを描きながら、それらが絡み合う ようにしてネットワークをなしている様をあぶり出す ことで、元の状況を動的なものとして抽象する。
そのアナーキーな抽象過程は、単一の静的モデルを 用いた抽象過程にはない不確定性を有し、不確定性は 自由意志として認識される。
抽象美術が目指したであろうこの方向性を、本書もまた 共有しており、この本自体が一つの抽象美術となっている。

あらゆる抽象は、元の状況のすべてを表すことができない という犠牲を払うことで、人間が把握できるものとなる。
そのことを忘れれば、単純なモデルと複雑な状況の齟齬が もたらすカタストロフ、すなわち天災を招くだけだ。
単一の判断基準に基づく抽象へと固定化することなく、 発散しない程度に少しずつ判断基準を変えながら、 壊死と瓦解の間で抽象し続ける。
その小さな死の積み重ねがなすエネルギー変換の過程だけが、 終わりなく存続することができる。