QUERY: 遊び

NoN 日本語では「零帳」としておこう。 思いついた言葉遊びを書き留めるためのページ。 このブログ自体言葉遊びがほとんどなのだけれど。
NoN このブログ自体言葉遊びがほとんどなのだけれど。
そして父になる シーンとしてはやはりクライマックスが圧倒的に心に響くものがあっただろう。 琉晴が野々宮家に溶け込んでごっこ遊びに付き合ったり、 その中でお父さんと呼んでいたり、家の中でキャンプをしたり。
東京物語 例えば、ジグソーパズルという遊びを知らない人に、 パズルのピースを一枚ずつ取り出しながら
淡い -- 遊び、部活、勉強に出かける学生が駅のホームにちらほらと。 世には夏来たるらし、乙女の春は遠かるらし。
焦点距離・考 このカメラを片手に写真を残しに行った。 幼少の頃、よく遊びに行った家で、当時でもその面影が 至るところに残っていた。
2016年 かつては回文やアナグラムといった言葉遊びばかりだったのが、 回文が4記事、アナグラムが10記事で全体の3%とは情けない。
社会思想の歴史 ともかく、そうして「必然の国」から質的に変化した 「自由の国」において、「労働」と「遊び」が一致する という視点は興味深い。
遊びと人間 遊びであり、その始まりもまた擬かれている。
遊びと人間 という遊びの六つの定義のうち、2(隔離)と5(規則)は遊びが 一つの独立した秩序であることを意味している。
遊びと人間 遊びとは、固定化による壊死から逃れようとする運動であり、 自らも秩序であることによって発散による瓦解を防ぐ。
遊びと人間 遊びが台本、楽譜、習慣、規則、定石という「まじめ」になり、 これらかつて遊びだったものからの逸脱がまた遊びとなる。
遊びと人間 これらかつて遊びだったものからの逸脱がまた遊びとなる。 カイヨワも言うように、遊びとまじめのどちらが先かはあまり
遊びと人間 カイヨワも言うように、遊びとまじめのどちらが先かはあまり 意味のない問題であり、「まじめ」があるからこそ遊ぶことが
遊びと人間 意味のない問題であり、「まじめ」があるからこそ遊ぶことが できると同時に、あらゆる「まじめ」はかつては遊びだった。
遊びと人間 遊びと聖なるものについて、ホイジンガが両者を同一視した ことをカイヨワは咎めるが、遊びが日常生活に対して、聖なる
遊びと人間 ことをカイヨワは咎めるが、遊びが日常生活に対して、聖なる ものが俗なるものに対して別の判断基準となるという点では
遊びと人間 ロジェ・カイヨワ「遊びと人間」を読んだ。
遊びと人間 より完全な遊びの定義や分類を目指すことや、ミミクリと イリンクスからアゴンとアレアに至るのが進歩であると述べる
遊びと人間 イリンクスからアゴンとアレアに至るのが進歩であると述べる ことは、とても近代人らしい態度だと思うが、遊び遊びたる 所以を考えれば、近代的に大きな物語を設定しようとすること
遊びと人間 所以を考えれば、近代的に大きな物語を設定しようとすること 自体が、遊びの余地をなくしてしまう。 遊びは、捉えようとしても捉えきれず、囚われないものであり、
遊びと人間 遊びは、捉えようとしても捉えきれず、囚われないものであり、 遊ぶことしかできないものとして、遊びについての一つ一つの
遊びと人間 遊ぶことしかできないものとして、遊びについての一つ一つの 思考が、それぞれ遊びであるのがよいように思う。
遊びと人間 思考が、それぞれ遊びであるのがよいように思う。
遊びと人間 それは結局、「まじめ」の判断基準を何とするかだけであって、 カイヨワ自身が浸っていた西洋近代の「まじめ」を遊びと見る ような視点も想像できるだろう。
江戸の想像力 あらゆるものを相対化する方法としての「連」、「列挙」、 「俳諧化」であり、笑い遊びにも通ずるものである。
演劇とは何か 導入は集団を瓦解させる。 笑い遊びが固定化と発散の間でバランスを取ろうとする 衝動であるのと同じように、演劇を含む芸術全般もまた、
グロテスクの系譜 グロテスクは、笑い、遊び、擬、俳諧化と同じく、 判断基準の変化をもたらすことで集団を壊死から救う。
「シェア」の思想 のは、そういった状態なのだろうと想像する。 「シェア」は、笑い遊び俳諧化グロテスクといったものの系列にある。
我々は人間なのか? 道具と装飾、あるいは機能と遊びの違いは、 相互作用の途中で一時的に決まるものであり、
我々は人間なのか? 相互作用の途中で一時的に決まるものであり、 装飾や遊びがエラーとして発生することで、 相互作用は収束という死を免れることができる。
夢の宇宙誌 部分ではなく全体を志向するバロック的で遊び的な 逸脱によって、その収束過程から飛躍し、未分化を
エロスの涙 理性による労働がつくる習慣的な流れと、 それを中断する、笑い、涙、遊び
エロスの涙 労働の習慣的な流れからの遊び的な逸脱、 陰に陽に禁止される逸脱の過程によって、
リアルバーチャリティ 要するにリアルバーチャリティとはごっこ遊びである。