QUERY: 笑い

nowhere man ネットの海に潜れるだろうか。 行き着く先は人形遣いか、笑い男か。
うるう 久々に笑いで涙が出た。 やはり俺の笑いのツボはこの人によって形成されている面が多い。
うるう やはり俺の笑いのツボはこの人によって形成されている面が多い。 千葉滋賀佐賀のフラッシュを見て以来だから、影響を受け始めて
うるう 今日と同じように、あのうるうびとの絵をアンケートに描こう。 そして、今日と同じように笑い泣きしよう。 今度こそは2/29が当たりますように。
論理的思考の限界笑いのゲームで、目と目が何センチ離れていて、そこからこの角度で この位置に口を置くと顔に見える、みたいな解き方をして、
様式美笑いで言えば、歌舞伎や落語はもちろんのこと、 ダチョウ倶楽部の芸も、特定の世代にとっては
magic leap 2 攻殻機動隊では笑い男が視覚を奪いながら逃走したが、 そんな犯罪もいつか本当に起きるかもしれんね。
もうすぐ絶滅するという紙の書物について あると言えるだろうか。 これが、攻殻機動隊S.A.C.で笑い男が紙の書物を収集していた理由かもしれない。
デボラ、眠っているのか? 生命壱号を連想させた。 イノセンスの草薙素子でもよいし、S.A.Cの笑い男でもよいのだが、 メディアに依存しない近接戦闘というのは、現代のテロリズムと
笑い とあり、笑いが一抹の苦味を含むと言われるのも、バランスを取る ための衝動だと考えれば当然のことだろう。
笑い ベルクソン自身も言うように、可笑しさによって引き起こ される笑いを少数の言葉で定義するのは非常に難しい。 しかし、敢えて本書を読んで心得た「可笑しさによる笑い」
笑い しかし、敢えて本書を読んで心得た「可笑しさによる笑い」 をまとめるのであれば、「集団が、固定化と発散の間で
笑い アンリ・ベルクソン「笑い」を読んだ。
ハードネス そうそうなくなりはしないのだろう。 攻殻機動隊SACの最終話、笑い男が図書館にいるシーンを 思い起こさせる話だ。
KAJALLA#2裸の王様 アンリ・ベルクソン「笑い」にも書かれていたように、 可笑しさによる笑いというのは、共通の基盤があることで
KAJALLA#2裸の王様 可笑しさによる笑いというのは、共通の基盤があることで 成立する。
KAJALLA#2裸の王様 それは、ある意味では内輪ネタなのかもしれない。 だけど、上記のような可笑しさによる笑いの性質を考えれば、 舞台と客席をこちらとあちらに分けて、こちらがあちらを
KAJALLA#2裸の王様 笑わせるというよりは、あちらをこちらに巻き込むことで 笑いを引き起こすというのが本来的なのだと思う。
KAJALLA#2裸の王様 そういう、内輪を拡げる笑いというのを、漫才ではなく コントというかたちで、しかも第四の壁を破ることをせずに
遊びと人間 自らも秩序であることによって発散による瓦解を防ぐ。 それはアンリ・ベルクソンが論じた「笑い」にも通ずる、 きわめて生命的な振る舞いである。
江戸の想像力 あらゆるものを相対化する方法としての「連」、「列挙」、 「俳諧化」であり、笑い遊びにも通ずるものである。
演劇とは何か 導入は集団を瓦解させる。 笑い遊びが固定化と発散の間でバランスを取ろうとする 衝動であるのと同じように、演劇を含む芸術全般もまた、
不気味な笑い p.s. 小林賢太郎が好きなのは、「不気味な笑い」に通ずる ものがあるからなのかもしれない。
不気味な笑い 手短ではあるが鋭い切り口で分析した見事な内容だった。 平凡社ライブラリーの「笑い/不気味なもの」に含まれて いるのだが、ベルクソンとフロイトの元論文と合わせて
不気味な笑い 一見別のものにみえる「笑い」と「不気味なもの」を、 手短ではあるが鋭い切り口で分析した見事な内容だった。
不気味な笑い 枠は参照軸として維持されたまま、反復、逆転、系列の 交錯によって、笑いが生じる。
不気味な笑い ジャン=リュック・ジリボン「不気味な笑い」を読んだ。
グロテスクの系譜 グロテスクは、笑い、遊び、擬、俳諧化と同じく、 判断基準の変化をもたらすことで集団を壊死から救う。
グロテスクの系譜 運命にあり、ベルクソンの「笑い」のように、 それはどのような過程として現れるかという視点で
グロテスクの系譜 何が「グロテスク」かという分類の試みは、 何が「笑い」かという分類と同じように失敗する 運命にあり、ベルクソンの「笑い」のように、
グロテスクの系譜 両面を併せもつ「不気味な笑い」そのものであり、 既存の判断基準に基づく一義的な把握からは
グロテスクの系譜 「名づけえざる装飾」としての「グロテスク」は、 カイザー的な「不気味」とバフチン的な「笑い」の 両面を併せもつ「不気味な笑い」そのものであり、
「シェア」の思想 のは、そういった状態なのだろうと想像する。 「シェア」は、笑い遊び俳諧化グロテスクといったものの系列にある。
エロスの涙 理性による労働がつくる習慣的な流れと、 それを中断する、笑い、涙、遊び。
[世界を変えた書物]展 そういえば笑い男も、出版物の保存という 「索然とした仕事」を行っていた。
人間のように泣いたのか? 「泣く」と表現するのであれば、Bサイドの攻撃も、 マガタの一人笑いも、ウグイの涙と同じだろう。 それが「人間のよう」であるかの判断の決め手は、