QUERY: 単純

numerical models 宗教は単純化指向の最たるものの一つだろう。
numerical models 多くの物質がヒッグス粒子の波に揉まれて光速に辿りつけず、 質量を背負っているという見方もまた、単純化の一つだろうか。 いや、案外数式に落とし込めるくらいには、実際に単純なのかもしれない。
numerical models いや、案外数式に落とし込めるくらいには、実際に単純なのかもしれない。
理系文系 理系は可能な限り不確定要素を排除し、あらゆる事象を 単純化して把握しようとする姿勢をもつことが多く、 文系は不確定要素を不確定要素のまま取り込んでおき、
様式美 成し遂げるというのはものすごく難しい。 時間の制約上、単純に試行回数が足りないのだ。
プログラミング教育 その辺まで込みで考えてほしいと思う。 単純にプログラミング教育を足しただけではほぼ間違いなく失敗する。
生命壱号 副題に「おそろしく単純な生命モデル」とあるところに興味を引かれる。 生命とはつまり秩序のことなのだが、形成された秩序のことではなく、
SAIKAWA_Day07 どこで見たのか忘れたが、人間は「立派な羽根」や「きれいな鳴き声」のような 単純な配偶者選択の基準を失ったために、恋によって思考停止することで ペアを作るというような話を見た。
サカサマのパテマ 最も単純に解釈すれば、パテマたちの世界が無意識の世界であり、 エイジたちの世界が、秩序を至高のものとする意識の世界である。
私たちは生きているのか? そして、それだけ複雑にしたモデルの中に組み込まれたショート サーキットによる単純化が、投機的短絡=理由付け=意識として 人間を特徴付けるのではないかと思う。
反射光と透過光 あるいは単純に、反射したか否かではなく、周囲との輝度差の 問題だけなのかもしれない。
文化進化論 第5章「文化の大進化Ⅱ」において、文化という複雑な対象を 単純なモデルでは理解できないという批判への反論は、
リズムの本質について だろうか。 集団が巨大になればなるほど、最大公約数的に拍子は単純化して いくと言えるだろうか。
善悪の彼岸 それは「単純化」という、人間の、あるいは人間の 集団の性質によって、半ば強制的にはまっていく、
下人の行方 老婆の論理に従い、単純に生きることを善として 優先し、盗人になることを受け入れたのであれば、
民主主義の内なる敵 整合性を求めて単純化へと向かおうとするのは、充足理由律への 過度な信仰の故だろうか。
棋士とAI ただ、すべてが「感覚」で判断されるようになり、 理由を伴う飛躍の余地がなくなった世界は、単純に 面白くなさそうだな、というだけだ。
思った通り 大域的には複雑な抽象過程も、局所的には 単純な抽象過程で近似し得る。 それは、曲線に接線を引くのと同じである。
思った通り であり、あらゆる理解は多かれ少なかれ 割り算による単純化を含んでいる。 認識による把握もまた同じだ。
思った通り 局所での単純化を大域に拡げることによって、 芸術は技術へと堕する。
名付ける 名付けることで、新たな同一性が誕生する。 そこには、類似から同一への単純化がある。
匂いのエロティシズム 効率化とみなすこともでき、言語や道具の使用、 あるいは理由付けと同じように、「単純化」という 意識の条件の一つになり得る。
匂いのエロティシズム 単純化の過程で捨象された情報はノイズとなり、 意識的な判断に上ることはない。
匂いのエロティシズム 単純化、抽象化、人間化、意識化、文明化。 何と呼んでもよいが、そのような変化は未だに
単純化 それはそうだよ 考えてるんだから  こうやって ちょっとずつ見方を変えながら 新しくみえる単純化を 探すのが人間なんだろう
単純化 や宗教なんかも 複雑でよくわからないものを 単純でわかりやすくモデル化するものでしょ
単純化 でも 単純なものだけだと飽きるんじゃないかな
単純化 人間ってさ 単純なものが好きだよね  すぐに わかるものだけに囲まれてたいというか  学問
単純化 単純化か  考えるっていうのは結局 単純なものに なっちゃわないように 手を替え品を替え 単純化を
単純化 なっちゃわないように 手を替え品を替え 単純化を 繰り返すってことなのかもね  人間の頭は複雑な
単純化 繰り返すってことなのかもね  人間の頭は複雑な ものを複雑なまま扱えるほど高性能じゃなくて 単純化が 必要だったとか
単純化 あるいは 単純化に特化することが つまり高性能って いうことなんじゃない  単純が線形だとすれば 複雑
単純化 いうことなんじゃない  単純が線形だとすれば 複雑 っていうのは非線形ってことで 非線形のままでは理解
単純化 ことか  でも 人間をこういうふうに捉えようとするのも 一種の単純化だよね
単純化 そうか  単純なものというより 単純化するのが 好き というのが近いのかも
科学 近代科学にとっての理解とは、より単純な、より細かい モデルへの切り分けである。
3D-Printed Steel Bridge こうやって、複雑な形状でもトラスとして捉えてしまうのは、 単純化という近代的な理解の一形態だろうか。 でも、virtualにおいて高速化され精密化された線形化を人間が
3D-Printed Steel Bridge 再現できなくなったときにこそ、人間の人間による人間のための 単純化が必要とされるように思う。 単純化とは、より離散的な記号への置き換えであり、
3D-Printed Steel Bridge 単純化とは、より離散的な記号への置き換えであり、 つまりはdigitizedesignである。
3D-Printed Steel Bridge 判断を伝達するのには向かないように思う。 個人的には、その両極の間にある、適度な単純化を通した 判断もできるようでありたい。
人形論 無関心な物理世界を、意味付けや理由付けに よって単純化する〈亜物〉化の過程によって、 存在が生じる。
複雑なものの単純化 物質的なレベルでの単純化が不要になったとしても、 その物体について理解し、説明し、納得するという、
複雑なものの単純化 その物体について理解し、説明し、納得するという、 人間の人間による人間のための単純は、それを 人間が使う限りは必要なのではないかと思う。
複雑なものの単純化 設計とは、複雑なものを単純化する過程であり、 具体的なレベルでの設計がブラックボックスの中に
天空の矢はどこへ? 一つひとつの理解は単純でも、それを続ければ 膨大な数の理解が積み重なることで複雑になる。
こだわりをもたないというこだわり 抽象度が一階上のものを混ぜこぜにしなければパラドックスは 生じないという単純型理論風の回避方法が使える。
単純なモデルでは一対一に対応していた刺激と 反応の関係が、複雑なモデルでは不確定になる。
文系と理系はなぜ分かれたのか 複雑で情報量が多すぎる現実は、単純なモデルへと 分解しなければ人間には理解できない。
文系と理系はなぜ分かれたのか 何らかの判断基準に基づいて情報を同一視することで、 元の現実を人間が処理可能なまでに単純なモデルへと 除算する過程が、すなわち理解である。
抽象の力 対称性を多く有する形態のように、自由度の小さい 単純なモデルで元の状況を置き換えれば、把握する ことは容易になる反面、表現できることは限られる。
抽象の力 ことは容易になる反面、表現できることは限られる。 単純なモデルへの抽象は持続する傾向を有し、 元の状況は静的なものへと固定化されてしまう。
抽象の力 という犠牲を払うことで、人間が把握できるものとなる。 そのことを忘れれば、単純なモデルと複雑な状況の齟齬が もたらすカタストロフ、すなわち天災を招くだけだ。
犯罪と自然災害 個々のモデルは単純で低次元で低自由度で あったとしても、切り口が異なる多くの
犯罪と自然災害 向き合うだけの手間がかかる。 ある切り口での単純化が、現実のある特徴を よく捉えることで、短時間で効率よく理解
名付けられぬ逸脱 マジョリティとは、特定の観測点からみた集合の一次近似であり、一次近似による単純化の写像をまとめたものが常識である。観測点の周囲だけであれば十分よい近似になるが、空間軸や時間軸に沿って離れるほど、基本的には近似の精度は悪化していく。