QUERY: 未来

office ※画像はイメージです、英語で。 cf. / 未来とはfutureだ、英語で。
shoulders of giants today インタビューを受けている6名の方々の確かな洞察の中に、 少なからぬ未来と真実が含まれているのではないかと 思われた。
攻殻、あるいはharmony 済むようになる。 未来の意識は、コミュニケーション能力だけをもち、 判断は外部記憶を基にした外部での演算結果を受信することで
彼女は一人で歩くのか? 時代は二世紀ほど未来、 ウォーカロンと呼ばれる人工生命体が普及し、
映画<harmony/> 伊藤計劃が糖尿病の例を挙げているが如く、 自意識なんてものを発症した人間が病人扱いされる未来も あり得るのかもしれない。
魔法の色を知っているか? ストーリィは相変わらず程よい未来感をたたえている。 特に、ラジオ等の旧来の技術のはさみ方が抜群である。
移動 空飛ぶ自動車なんていうものがSFにはよく出てくるが、 現実にはそれが普及する未来は来ないだろう。 もちろん、技術的には小型の浮遊体は実現可能だろうし、
電子書籍? こんなものを実装していたら未来の人間に笑われるかもしれないが。
EX_MACHINA リアルタイムカメラ翻訳をしてみたのだが、抜群の性能だった。 未来が来ている感がすごい。
Do not go gentle into that good night 地球が荒廃し始め、人口もかなり減少したであろうまでに年代が 下ったのに、核融合炉も宇宙進出も叶っていない近未来。 米軍もNASAも解体された後、秘密裏に復活したNASAが
ビットコインの身代金 しかし、未来の(というか既に現代の、になりつつあるが)犯罪は 犯人はその場にいないということがまま起こりうる。
ビットコインの身代金 消費者庁が徳島に移転するとか、ベーシックインカムを導入するとか、 地方創生の先にはそういった未来が待っているように思われる。
早すぎる最適化 この未来を受け入れたくないのであれば、常に新しい情報を求め、 これまでに経験していない判断をする機会を増やしていく以外にない。
早すぎる最適化 意識を奪い取った。 有り得る現実としては、技術の発達により、次第に意識が不要になるという未来だ。 外界から情報を受け取り、圧縮することで認識し、意味を割り当て、それまでの知識を
ブラックボックス 問題はむしろ、「入力データ」「教師データ」「報酬データ」を誰がどのように用意するかだ。 ここを握ったものが人工知能が普及した未来における正義を決める。
ブラックボックス なんかこういう記事を読んでいると、人工知能が普及する未来は 主に人間のせいでしばらくは来ないなと実感する。
Google I/O 2016 keynote Google Homeのデモ映像の未来感はわかるけど、 やはり音声入力というのはかなり冗長なインプットメソッドだ。
もったいない? 人間がやる方が様々な点で悪いという状況になるのは時間の問題だ。 しかもそれはそう遠くない未来に実現し得るし、一番のボトルネックは 人間側の仕事を手放したくないというこだわりだ。
共有されない知覚 ASIMOの場合はかなり遠回りではあるものの、例えば映像で見た人間が 科学未来館にフィードバックを寄せるというようなかたちで、技術的には その手話を利用した知覚の共有が可能だ。
機械人間オルタ 科学未来館でこんな展示をやるらしい。
シン・ゴジラ 凍結はさせたものの、それが再び動き出した時には時間の猶予は 僅かしかなく、熱核攻撃による殲滅という未来が待っているという エンディングが効いてくると思う。
人間らしさ 科学未来館で機械人間オルタの展示を見てきた。 期待したほどではなかったというのが正直なところだ。
高齢化 しかし、天皇陛下としては、3.の先には象徴天皇でいられなくなる 未来が待っているというお気持ちのようだ。
科学と文化をつなぐ カヴァイエスの「賭け」についての論を取り上げた箇所で、「秩序を課すことによる支配」と 「未来への跳躍」として対比されているが、これがそのまま理由付けによる秩序の形成と その投機性に対応すると考えられる。
SAIKAWA_Day03 小さそうだという点では、1の方がましだろうか。 3のようなサービスが出てくるというのは、あり得る未来な気がするし、 4で相互に管理するというのは、ソーシャルメディアというかたちで既に
意識に直接与えられたものについての試論 未来は過去を利用することでシミュレーション可能だが、シミュレーションは 必ず何らかの抽象を伴うため、失われる情報がある。
意識に直接与えられたものについての試論 必ず何らかの抽象を伴うため、失われる情報がある。 その損失は、「未来を用いてシミュレートされた過去simulated past」と 「来たるべきエミュレートされた過去emulated past」の間に齟齬をもたらす。
意識に直接与えられたものについての試論 それはつまり、直接経験するということに他ならない。 想起される過去や力学モデルとして抽象した未来が、実時間よりも遥かに 高速に再生できるのは、それらが抽象によって圧縮されることで、
意識に直接与えられたものについての試論 過去、現在、未来というのは、ある数直線上にこの順で置かれた同じ種類の 何かではない。
意識に直接与えられたものについての試論 抽象機関の性質自体のことであり、記憶と呼んでもよい。 未来とは、未だ抽象されていない情報のことである。 未来は過去を利用することでシミュレーション可能だが、シミュレーションは
意識に直接与えられたものについての試論 あらゆる過去が、理由付けを経て圧縮されているためにシミュレーションの 対象となるのに対し、未来については、対象の延長的な性質を語る場合に 限ってシミュレーション可能であり、持続的な性質が関わる場合には
吹き溜まり 舞っている、あるいは合流するのを今か今かと 待っている落ち葉、それが未来だ。
街中の突起物 情報のみ視覚情報として残しておき、残りはARで再生できる ようにするというのはあり得る未来だ。 自動運転車の制御がある程度以上になり、人間の運転する車が
時間の非実在性 最終的には棄却されるとはいえ、A系列のような、過去・現在 ・未来というモデルを展開すること自体、かなりの無理を 抱えているように思う。
時間の非実在性 抱えているように思う。 事象は常に過去として抽象されるのであり、それが未来である 状況はあり得ない。そういった描像は、過去として抽象された
her リラダンの「未来のイヴ」を読んでいる最中に、 女性の人工知能が同時に他の人間と話していることに
her サマンサがセオドアの元を離れていくシーンで 語る内容は、「未来のイヴ」の影響を受けている ように思える。
her ように思える。 「未来のイヴ」が物理的身体の模倣であるのに対し、 「her」は心理的身体の模倣であるが、抽象機関の
未来のイヴ ヴィリエ・ド・リラダン「未来のイヴ」を読んだ。
ジョギング ためにジョギングをするように、思索を必要としなくなった 未来人は労働の形態を変化させることで心理的身体の維持を 試みるだろうか。
法人としてのAI 株式会社と同じようにAIが法人になる未来も、 選択肢としてはあるだろう。
人間の未来 atプラス32「人間の未来」を読んだ。
幼年期の終り 伊藤計劃「ハーモニー」とはまた別の仕方で、 人間が意識から解放される未来を描いているが、 むしろ興味深かったのは進化の袋小路に追い込まれた
分類器 この議論がちゃんちゃらおかしいように感じるので あれば、そう遠くない未来には前述の議論もまた ちゃんちゃらおかしいものとして感じられるように
ゲンロン5 熱素やエーテルという幽霊が除霊されたのと同じように、 「わたし」という自意識が幽霊として除霊される未来も あり得るだろうか。
ペガサスの解は虚栄か? オーロラとの共著論文におけるハギリの発想、思いつき、 失われたツェリンの未来、あるいはペガサスの妄想。 飛躍の捉えられ方は様々だが、飛躍によって断絶した完全さを、
ラ・ジュテ 地上と地下が分断された状況は、物理的身体と心理的身体が 分離したデカルト的世界観を思わせ、過去と未来を行き来 しようとする科学者は、媒介変数としての時間を彷彿とさせる。
コミュニケーション学講義 デジタルメディアは人間にとってはメッセージであるが、 機械にとってはアナログであるし、未来の人間にとっても アナログになる可能性はあるだろう。
宝石の国 仕事をすること自体が仕事をすることの最大の意味になる 未来もあり得なくはないだろう。 金剛先生という存在は、神、勤労の美徳、意識の価値といった、
ある島の可能性 「時間の真ん中に存在する可能性の王国」に至れるもの として想定される未来人は、ネオ・ヒューマンの先には 存在せず、まったく別のところから現れるのだろう。
海辺 海は未だ理由付けられていない自然の宝庫であり、 言葉の本来の意味での「未来」のイメージだ。
空気人形 かたちの点では動物よりも人間に近いけれど、生命の点では動物のほうが人間に近い。そんな人形の中でも、人体というセンサ同士のすり合わせであるセックスに使用されるラブドールは、スケールやディテールなど、あらゆる点におけるかたちの再現性が追求され、その究極は「未来のイヴ」のハダリーに至る。