QUERY: 教育

もし子どもがいて しかし、前者にしても後者にしてもその意味するところを理解できる子であれば 反語的に問うてくることもないのが、教育法としては悩ましいところである。
NoN 結局音優先で選んだ。元々の発想は、高齢化社会で社会保障に 金がかさみ、教育費を削る日本の予算体制への批判をこめる つもりだったが、断念。
From the New World To ... 「全人学級」、なんて恐ろしい言葉だろう。 大正自由教育運動の中で小原國芳が掲げた「全き人間」を 創造する過程の究極がここにある。
From the New World To ... バケネズミにとっての人間、 一般の人間にとっての教育、 知れるものにとっての歴史。
社会 お金さえ払えば何でもかんでもアウトソースできる。 育児、教育、しつけ、看病、介護。 そしてそのお金はアウトソースしたこれらの行為の裏で
社会 教育や社会保障のサービス化というのは、 家族という仕組みの継続のためには悪手になることもある。
移動 日常での移動はどうなるだろうか。 保育園の送り迎え、通学等の教育に関係する部分については、 仕事との関連も大きい。現状のように、仕事自体が一箇所に人を集めて
移動 仕事との関連も大きい。現状のように、仕事自体が一箇所に人を集めて 管理することで成り立っている場合には、教育もまた一箇所に人を 集めて行うことになるはずだ。
移動 集めて行うことになるはずだ。 仕事の方が変わってくると、教育も学校のような施設ではなく、 家庭等のより小さい単位での実施にシフトしてくるだろう。
Tay 学習者にとってはそれが正義になる。 人間でも、どういった種類の(広い意味での)教育者に接するかは大事である。
A or B 画像認識では画像と正否がセットになって教育データになる。 そこには、「こういうものが犬だ」というある種の正義が埋め込まれる。
プログラミング教育 越したことはないだろうが、プログラミング教育の目的を議論している ようでは到底望めない。
プログラミング教育 義務教育課程でのプログラミング教育の是非について。
プログラミング教育 個人的には現状の価値観が変わらないのであれば、 教育とプログラミングはとても相性が悪いと思う。 プログラマの三大美徳というのは学校で教わる道徳教育とは
プログラミング教育 プログラマの三大美徳というのは学校で教わる道徳教育とは 相容れない。
プログラミング教育 人間がいかに仕事をせずにすむかという怠惰にある。 理由を与えなければ動機が生まれないような教育しかできない状況で、 いかにして道徳観とすり合わせていくかというのは非常な困難を
プログラミング教育 理由抜きに興味を引き立てられるような教育プログラムが組めるに 越したことはないだろうが、プログラミング教育の目的を議論している
プログラミング教育 メディアリテラシー等、情報教育の中でも今後必須になっていく分野が あることには同意するが、プログラミングがその中に入るには、
プログラミング教育 あることには同意するが、プログラミングがその中に入るには、 常識や道徳観のような既往の教育の変化も必要になると思うので、 その辺まで込みで考えてほしいと思う。
プログラミング教育 その辺まで込みで考えてほしいと思う。 単純にプログラミング教育を足しただけではほぼ間違いなく失敗する。
自治寮 均一な教育から生まれた擬エリートは面白くないだけでなく 危険ですらある。
充足的視覚空間 二つの網膜により、ずれた二次元の像を観測することで三次元を 獲得しており、それは感管の教育によることから、光が複雑に 屈折するような媒質中を通過した光に慣れていれば四次元の
責任という虚構 規則を守るだけでは善にはならないという教育がよくされる一方で、 正しさや善さというのは規則のようなものによって形成される。
もったいない? という箇所だと思う。 これは大学、というかすべての教育機関あるいは教育という行為そのものの 行き着く究極である。ただ知識を欲するがために知識を得る。
もったいない? 就職するためだけに必要以上に多くの人間が22歳まで高等教育機関に 所属している現状ははっきり言って異常だ。
心という難問 人工知能の教育は絵空事を超えられるだろうか。それにより、人工知能は物語を 生きることができるだろうか。
教育 教育というのは、端的に言うと、可能性を絞ることである。 別に将来なりうる職業の選択肢を狭めるとかそういう話ではなく、
教育 それが良いか悪いかは別にして、集団を作るということは本質的に ある少数の可能性に絞ることにつながり、教育はその集団による限定を 維持するために不可欠な仕組みとなっている。
逆転 あるいは教育もまた、そういった逆転現象の中で実施されることがほとんどである。 それは良い悪いという判断とは別に、集団の絶え間ない同一化のために
義務教育の限界 確かだが、行き過ぎるべきではない。 義務教育の限界は、ある特定の正しさを仮想しなければ 成立させるのが難しい点にあると思う。
義務教育の限界 成立させるのが難しい点にあると思う。 それをかわすためには、教育する側にかなり高度な対応力が 求められるが、果たしてそんな教師なんているんだろうか。
義務教育の限界 小中学校での教育は、ある一意的な判断の一方的な伝達 に陥りやすい。
プログラミング教育2 公開されていた。 小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)
プログラミング教育2 プログラミング教育について、文科省から議論のまとめが 公開されていた。
プログラミング教育2 人間の価値観を変えながらの教育になるので、ネックになるのは どちらかというと子ども側よりも教師側の方が大変だろう。
プログラミング教育2 どちらかというと子ども側よりも教師側の方が大変だろう。 おそらく、教育というものは常にそうだったはずだ。 その先にはベーシックインカムのある社会が待っているだろうか。
プログラミング教育2 よくないし、コンピュータとのコミュニケーションだけに慣れた人間でも よくない、そのためにプログラミング教育を導入しようということだと思う。
シン・ゴジラ とにかく、世界で唯一原爆を落とされた敗戦国に生まれ、そこで教育を受け、 2011年3月以降をそこで生きた人間にとっては、あまりにもリアリティが
科学と文化をつなぐ 果たして人工知能に人間と同じencoderを実装すべきだろうか。 プログラミング教育が目指すべきところは、decodeされた情報通信への馴化に あるのかもしれない。
問題設定 問題設定を他から借りてくるというのは、教育を受ける立場に 留まるのと同じだ。
ネイティブ 変化よりも、集約から分散への変化の方が本質的な気がする。 ゆとり教育ということ以前の問題として、一つの基準を集約的に適用する こと自体の限界が、既に大人の側で始まっていたのかもしれない。
SAIKAWA_Day20 An At a NOA 2016-05-31 “教育” An At a NOA 2016-01-30 “教育
SAIKAWA_Day20 An At a NOA 2016-01-30 “教育
SAIKAWA_Day20 教育については、下記参照。 An At a NOA 2016-05-31 “教育
算数を教えるのに必要な数学的素養 指導要領がそうなっているとしたら、それも仕方がない。 教育というのは、多かれ少なかれそういった不具合を内在しているものだ。 しかし、本来可換環である整数環を非可換環として扱うからには、
算数を教えるのに必要な数学的素養 ときにも、既にこの手の問題があったようである。 自分がそういう教育を受けたかどうかは覚えていないが、 小学校時代の恩師の中に、可換環についてちゃんと説明
intelligence artificialでないintelligenceなんてあるんだろうか。 それはつまり、教育という行為をartificialと呼ぶか 否かという問題だろうか。
intelligence 教育という行為が本当に存在するという信奉と、 人工ではない知能が存在するという信奉は、
ゆとり教育 ある世代に新しい教育をすることの一番のネックは、その教育を受けなかった 前の世代だ。
ゆとり教育 保護者は保護者で学校に対して受け身にとどまったままでは、 ゆとり教育の理念は達成しようがなかったというだけだ。 次の世代の人間を、そういう人間ではなく、引用文に掲げたような人間に
ゆとり教育 ゆとり教育の理想形は、灘で橋本武先生が行っていた「銀の匙」を 使った授業のようなものだろう。
ゆとり教育 上記は、その後「ゆとり教育」と呼ばれることになる教育について、 1996年に中教審から出された答申のようだ。
ゆとり教育 よいわけがない。 教育なんていう行為が本当に存在するのかはわからないが、存在することを 信じてそれを行うからには、せめて己も変われるようでありたい。
教育の抽象化 だと思うが、いかんせん時間的、金銭的なコストがかかる。 その上、伝達方法を工夫しないと、教育を受ける側で 何も抽象することができず、結局知識としては残らない
教育の抽象化 体験学習のようなかたちで、視覚、触覚、聴覚などの 言葉以外の情報も同時に与える教育というのは重要 だと思うが、いかんせん時間的、金銭的なコストがかかる。
教育の抽象化 抽象化した方が高速で安価で安易であるから、 時には抽象化していることすら忘れて教育に邁進する。 それは近代化の成果であり、近代化に不可欠なものだったが、
教育の抽象化 せっかくそれを駆使して機械の性能を上げてきたのだから、 ある領域は外部化することで、教育のスピードを落とし、 圧縮していない情報の伝達にコストを割り振るというのも、
教育の抽象化 教育の抽象化が進むに連れて、そのような側面が 強まっているようには感じる。
教育の抽象化 教育が言葉のみによって行えるとは到底思えないが、 教育の抽象化が進むに連れて、そのような側面が
教育の抽象化 学校教育は歴史も長く、既に教える側がその体系に かなり依存した考え方をもっている。
何かを抽象化する で書いた話は、何も教育に限ったことではない。
何かを抽象化する An At a NOA 2016-01-24 “教育の抽象化” で書いた話は、何も教育に限ったことではない。
シンボルについては
An At a NOA 2017-01-24 “教育の抽象化
An At a NOA 2017-01-25 “何かを抽象化する
せめて、人間らしく 盛り上がっていたように思う。 文科省主導のプロジェクトなのだからもっと教育の 話をすればよいのにと思ったのだが、時間の関係も
文化進化論 採用する根拠は何なのだろうか。 「模倣、教育、言語、といった社会的な伝達機構」が 心理的身体のセックスと呼べるのであれば、こういった
プロスポーツ するかもしれないが、そこを考えるのをやめてしまう のであれば、研究はすべて産と官に任せ、学は教育に 専念すればよくなってしまうように思う。
ゲンロン0 両者の間のコミュニケーションは子育てという形態をとり、送り手の 判断基準を受け手に引き継ぐ行為を教育と呼ぶなら、子育ては親から 子への教育であると同時に、子から親への教育でもあり得る。
ゲンロン0 子への教育であると同時に、子から親への教育でもあり得る。 そこに、判断基準の更新の可能性があり、人間的な人間として
構文糖衣 であるバグのすり合わせは、一種のコミュニケーションであり、 それがプログラミング教育の目的になり得る。
構文糖衣 それは構文糖衣を脱がせることも同じだ。 プログラミング教育を始めるのはよいが、目的がないことには アプリケーションの構文糖衣をどこまで脱がすかが決められない。
構文糖衣 プログラムをつかって問題を解くことを主題にした講義は もちろん、プログラミングそのものの教育においても、 何をどこまで教えるかというのはとても難しい。
義務教育 義務教育によって共通の構文糖衣を着せられることは、 果たして統制として糾弾されるべきことだろうか。
義務教育 受信されることが期待されるかを共有することが、 義務教育の要なのではないかと思う。
義務教育 国家を集合として成立させ続けるにあたって、 通信プロトコルを維持するための試みが義務教育の 目的の一つであり、そこでは教師から生徒への通信
義務教育 義務教育は、心理的身体層における通信プロトコルを 共通化するためのインストーラのようなものだ。
義務教育 として外国人を想定する必要が生じたことで、義務 教育に英語が導入されたように、プログラミング教育を 導入する意味は、通信自体の変化や通信主体の追加に
問いと答え 問う者同士の通信は議論になり、 問う者と答える者の通信は教育になり、 答える者同士の通信は口論になる。
デジタルデザイン この話はデザインだけでなく、教育にもつながるのだが、 何が言いたいのかというと、建築雑誌の2018年1月号を
ハラスメント 常識、慣習、言語、文化といった、何らかの判断基準を 共有することが不可欠であり、広い意味での教育は、 常に判断基準の押し付けと隣り合わせでもある。
ハラスメント 集団は、ハラスメントを指摘することで壊死を免れ、 教育することで瓦解を免れるというバランスの上で 維持される。
ハラスメント 教育とハラスメントの境界線は常に変動しており、 それを固定すること自体が一種のハラスメントに
ドローンの哲学 会話、教育、受精、介護、戦闘、…。 あらゆるかたちのコミュニケーションにおいて、