QUERY: 複製

A little voice is urging me on My Ghost ゴーストだとすれば、思考活動が「複製」されることで生じる問題とはどのようなものか。
A little voice is urging me on My Ghost 攻殻で言うところのゴーストの問題が気になる。 Walter Benjaminが「複製技術時代の芸術」の中で書いたところの、アウラにあたるものが ゴーストだとすれば、思考活動が「複製」されることで生じる問題とはどのようなものか。
本棚  渡邊二郎「ハイデガー『存在と時間』入門」  多木浩二「ベンヤミン『複製技術時代の芸術作品』精読」  W.ベンヤミン「写真小史」
心という難問 もし、人間が現在の身体から解放されることを望むのであれば、生まれた瞬間から あらゆる知覚を記録し、物語をリアルタイムで複製することで、同一人物を交換可能な 身体の上に再現することも技術的には可能になると思う。
心という難問 身体の上に再現することも技術的には可能になると思う。 そんな複製技術時代に生きるときに、心の捉え方は全く違うものになるだろう。
SAIKAWA_Day19 細胞が一つの古細菌や真正細菌は、細胞分裂によって全体を複製する。 多細胞生物では、生殖細胞のみを複製することで、発生過程における
SAIKAWA_Day19 多細胞生物では、生殖細胞のみを複製することで、発生過程における エラーの侵入を可能にした。
SAIKAWA_Day19 有性生殖では減数分裂による遺伝子の組み換えを導入することで、 生殖細胞の複製段階においてもエラーが侵入できるようになった。
動きすぎてはいけない 埋め込まれており、特徴抽出のために用いられる。 身体には、その複製過程においてさまざまなエラー導入手法が実装されることで 固定化回避が図られており、それも含め、身体を維持するには意味付けが最も
動きすぎてはいけない 「合理的」な方法だと考えられる。 理由付けは、抽象過程に理由律を取り入れることで、複製によらない身体への エラー導入による固定化回避を可能にした。
絞首台の黙示録 そこに飛んできたというのもわかるのだが、むしろ上記のような 物理的身体の複製に伴う心理的身体の在り方の方を掘り下げた物語を 読んでみたかったな、というところだ。
絞首台の黙示録 複製が完全であれば、オリジナルとコピーの区別はなく、 複製時点では同じセンサ特性=記憶を有する心理的身体が
絞首台の黙示録 複製時点では同じセンサ特性=記憶を有する心理的身体が 誕生する。
絞首台の黙示録 畑上ユニットで行われていた研究の究極の目標は、非再生系 細胞も含めた、物理的身体の完全な複製だと解釈できる。 オリジナルをどのように保存するかという問題はあるものの、
絞首台の黙示録 神経系の回路の結線状態として維持されるのであれば、 その状態を複製することで、心理的身体も複製される。
絞首台の黙示録 ことをも、その人物だと認識できるだろう。 攻殻機動隊のゴーストのような、複製の過程で消滅するような 「何か」を仮定するのは、とても不自然であるように思われる。
絞首台の黙示録 新陳代謝のような入れ替えではなく、オリジナルとコピーの 両方を残しておくような複製が可能になれば、上記のような 事態は起こり得る。
ゴーストの実在性についての覚書 物理的身体の完全な複製が行えれば、オリジナルと コピーの差分は存在しない。
ゴーストの実在性についての覚書 コピーの差分は存在しない。 むしろ、差分が存在しないことが完全な複製の 要件である。
ゴーストの実在性についての覚書 物理的身体の複製によって情報が入力される回路が 分離されると、コピー先の心理的身体で別の抽象が
ゴーストの実在性についての覚書 知識が織り込まれることで、その受け手にとっては ゴーストの複製が失敗することになる。 攻殻機動隊では、ゴーストダビングの過程でオリジナルの
科学と神 機械の自己複製について、画像的pictorialな像と機能的operativeな 像の対比が出てくるが、後者として複製されるのはシミュレータ
科学と神 像の対比が出てくるが、後者として複製されるのはシミュレータ だと言える(必ずしも前者がエミュレータだとは限らない)。
科学と神 ある判断基準を設定すれば、ウィーナーが述べるような方法で 「完全な」シミュレータを複製することは可能だが、基準が変われば その完全性は失われる。
科学と神 結局、機械がホメオスタシス的なものになるためには、判断基準 としての基盤が移り変わることを前提にした複製をせざるを得ない とも思われ、哲学者や生化学者の反発があるのもよくわかる。
科学と神 とも思われ、哲学者や生化学者の反発があるのもよくわかる。 しかし、エミュレータとして複製するしかないとしてしまうのは、 一種の怠惰なのではないかとも思う。
人間機械論 Ⅶ章の情報に関する所有権の話は、「複製技術時代の芸術」で アウラと呼ばれたものについてである。
フェティシズム 人間が自らの複製として人工知能やロボットを作る行為は、 人間のあらゆる部分を抽象しようとするという点において、
未来のイヴ 複製された物理的身体に心理的身体を吹き込む最後の段階が それを見る側に委ねられているというのは、答えと応え
未来のイヴ ハダリーの物理的身体は個々の要素に解体された後、 理屈によって再構成されることで複製される。 「絞首台の黙示録」で描かれた、解体と再構成を経ない
未来のイヴ絞首台の黙示録」で描かれた、解体と再構成を経ない 物理的身体の複製との違いが、近代科学の象徴としての エディソンの描写を強化しているように思う。
文化進化論 減少傾向にあると予想されるが、完全な複製技術は文化進化の 遅延をもたらすだろうか。
文化進化論 と比較されている。 複製技術の進化によって、模倣の誤りの程度は少しずつ 減少傾向にあると予想されるが、完全な複製技術は文化進化の
文化進化論 遅延をもたらすだろうか。 複製技術の発展は、ベンヤミンが指摘したアウラの問題とは 別の問題もはらんでいるのかもしれない。
ブロックチェーンとしてのSNS ことに耐えるだけの精度のブロックチェーン として複製や再現し得る。
ブロックチェーンとしてのSNS でも歩み寄ることができるのであれば、人間は 妊娠、出産以外の方法で人間を複製できるように なるはずだ。
人工知能の無意識と意識 単語選びや文脈におけるバイアスもまた、絵画のタッチの ように無意識的に埋め込まれる判断であるから、複製可能 になるのは当然だろう。
人工知能の無意識と意識 詳らかにするものではないが、人間が無意識的に 下す判断を任意の精度で複製し得る。 画像認識をはじめとする五感はもちろんのこと、
人工知能の無意識と意識 引用元の記事では、人間が書いた文章に埋め込まれた バイアスの複製可能性について問題提起がなされている。 単語選びや文脈におけるバイアスもまた、絵画のタッチの
芸術と技術 複製の不完全性がはらむ発散の中にこそ、芸術の萌芽が あるのである。
芸術と技術 新しい芸術の形式たり得た。 仮に、複製が完全だとしたら、そこには抽象がなく、 芸術ではなく技術となる。
体で覚える 体で覚えることができる行為は、深層学習のような 理由を介さない抽象過程によって複製した方が、 複製の再現性が高まる。
体で覚える 後は人間が物理的身体を駆使してトライアンドエラーで 作業を複製する。 後半部分は自動化できるのではないかということだ。
体で覚える 限られたデータのみ用いるため、この複製は完全なものには ならないが、データの種類と粒度を上げることで、必要な
体で覚える とったデータを下に深層学習することで、「自然な」 溶接作業の動きが複製できるだろう。 限られたデータのみ用いるため、この複製は完全なものには
体で覚える 上記のような理由を介さない複製が行えるようになると、 ウィーナーが指摘するような、奴隷労働との比較が生じる。
体で覚える 複製の再現性が高まる。
19世紀パリ時間旅行 ところなので、ノスタルジックに描かれる改造前の風景 から、写真、モード、万博といった大量複製の影響が 顕著になる改造後の風景への移り変わりをとても興味深く
ラインズ 抽象されたラインが誕生したことで決定的だったのは、 保持、伝達される情報が少なくなることで、完全な複製が 行えるとみなされるようになったことだろう。
ラインズ 芸術の本質はその過程で何を削ぎ、何を残すかにあると思うが、 複製過程において情報の欠落が全くないのであれば、 それは芸術ではなく技術になる。
ラインズ 抽象として扱われる。 芸術も技術も、ある情報を異なる形式で複製する過程であり、 芸術の本質はその過程で何を削ぎ、何を残すかにあると思うが、
人形と人工知能 自らを心理的身体のみに依拠するものと捉え、物理的身体の 捨象は複製の不完全性をもたらさないと思い込んでいることを 示しているだろうか。
人形と人工知能 物理的身体を捨象する人間の複製過程として人工知能を 捉えたとき、こちらにも人形と同様の芸術性がみられても
人形と人工知能 複製にあたって、意識や心、精神と呼ばれる心理的身体を 捨象するからである。
人形と人工知能 人間の複製過程としての人形の制作が芸術たり得るのは、 複製にあたって、意識や心、精神と呼ばれる心理的身体を
AIの責任 運転AIという物理的身体を手に入れ、休みなく公道を走る。 人工知能という技術によって生じるのは物理的身体の複製と 心理的身体の分散であり、心理的身体は人間だけが有する、
技術の道徳化 抽象過程は道具、あるいはこれもまた技術と呼ばれる。 その複製には完全さが求められ、不完全な複製は新しい 抽象過程を生み出す芸術とみなされることが多かった。
技術の道徳化 しかし、あらゆる抽象過程が相互に通信していることを 思えば、複製された抽象過程としての技術に媒介されて いるという視点も必要であるし、心理的身体以外にも発散
技術の道徳化 生まれてしまう。 ディープラーニングが画期的だったのは、複製過程に あえて理由を埋め込まないことで、発散の余地を与えた
技術の道徳化 技術とは、抽象過程を複製することであり、複製された 抽象過程は道具、あるいはこれもまた技術と呼ばれる。
技術の道徳化 おそらく、その固定的な性質は、ある特定の理由に基づいて 複製がなされるからだろう。 新しい理由によって次々とつなぎ替えを起こすことで
技術の道徳化 抽象過程を生み出す芸術とみなされることが多かった。 そのため、技術によって複製された抽象過程の特性は 固定化していることがほとんどで、発散の要素をもつ
模倣犯 よいとされる。 技術によって複製された抽象過程に対する責任の話を置き去り にして技術を行使することは、ネットワークの発達によって
publication かもしれないが、それは範囲の問題だけであり、 技術による抽象過程の複製が、物理的な実体に ハードコードされたレベルから、より抽象的な
分類器 なくなり、ソフトな複製も生み出す状態では意識の カテゴリに人間以外のものが現れる。
分類器 技術がハードな複製だけを生み出す状態では意識が なくなり、ソフトな複製も生み出す状態では意識の
芸術と技術2 複製過程が完全に理由付けられていること(A)と、 複製された抽象過程自体が完全に理由付けられて
芸術と技術2 いること(B)は、一見、「完全に理由付けて複製した 結果として得られる抽象過程は、完全に理由付け
芸術と技術2 複製された抽象過程自体が完全に理由付けられて いること(B)は、一見、「完全に理由付けて複製した
芸術と技術2 芸術と技術の違いとなる複製の完全性の差は、 複製過程がどれだけ理由付けられているかの
芸術と技術2 理由抜きになされた複製は、それに対して 理由付けをする多くの余地を有することに
芸術と技術2 呼ばれるようになる。 物理的身体による意味付けを含む複製が 芸術的であることが多いのは、このことを
芸術と技術2 られたとみなされるだけでよい。 逆に、複製過程において理由がわからない 部分があると複製は不完全となり、芸術と
芸術と技術2 部分があると複製は不完全となり、芸術と 呼ばれるようになる。
芸術と技術2 複製過程がどれだけ理由付けられているかの 度合いを反映しているだろうか。
芸術と技術2 あらゆることに理由付けられることで複製は 完全になり、技術と呼ばれるようになる。
ゲンロン5 その集団の中では、信仰を守るための芸能は技術として発展し、 複製の完全性が求められる。 技術としての芸能が芸術になるには、複製の不完全性によるズレが
ゲンロン5 技術としての芸能が芸術になるには、複製の不完全性によるズレが 必要であり、それをもたらすのが他者の視線である。
安全と安心2 むしろ暇になることは、人間が行っている抽象過程を 技術によって外部として複製することの究極の目的 だと言える。
リズムの本質について されると、それは固定化を促すハードウェアとして機能し、 完全な複製を可能にすることで、全く同一のものが反復 できるようになる。
リズムの本質について 一方で、「何を同じとみなすか」が固定されないと、 複製は不完全になり、繰り返されるのは全く同一の ものではなく、類似したものになる。
リズムの本質について 付けがあり得る」という、理由付けのつなぎ替え可能性に よって、複製の中に完全性ではなく類似性を見続けることで、 拍子をリズムたらしめる必要がある。
実在への殺到 短絡による抽象過程を複製したものだけを道具と呼ぶことで、 道具が人間を特徴付けると言われるのだと思う。
実在への殺到 の区別が生じ、人間だけが主体として言及されてきた。 道具というのは、抽象過程を複製したものであるが、特に投機的 短絡による抽象過程を複製したものだけを道具と呼ぶことで、
建築における「日本的なもの」 反復が停止するか擬態でなく完全な複製になることに よって、絶対的なものへの収束という壊死が始まる。
copyrightとcopyleft 著作権Copyrightは18世紀初頭のアン法によって始まった。それは複製技術の高度化(写本からグーテンベルクの印刷術へ)とプロトコルの普及(識字率の上昇)の影響で生まれた。
copyrightとcopyleft 一方、コピーレフトCopyleftはリチャード・ストールマンによって20世紀末に広められた。これもまた、複製技術の高度化(アナログからデジタルへ)とプロトコルの普及(インターネットの誕生)の影響で生まれた。
copyrightとcopyleft あるプロトコルによって符号化可能なものは複製可能性を帯び、プロトコルの共有範囲と複製の再現度が、オリジナルとクローンの関係を決める。おそらく、オリジナルのオリジナルたる所以は、複製可能性から漏れるところにしかない。それは複製技術やプロトコルの制限、あるいは逸脱や飛躍によって失われる情報であり、すべての情報がコピーできないところにだけオリジナリティは残る。デジタルが複製の完全性を指向するのであれば、情報をデジタイズすること自体がオリジナリティを放棄することにつながっており、オリジナリティはその都度の逸脱や飛躍によって維持するしかない。
copyrightとcopyleft 抽象過程についての詳細が明らかになっていないこと自体が、抽象過程の芸術性となる。意識や生命の複製方法が詳らかになったとき、それでもこれらは「神秘」であり続けられるだろうか。
個の特定 抽象することしかできない。 使える情報が少なくなればなるほど、あるいは複製技術の 精度が上がれば上がるほど、個は幅をもつことになる。
アバター 「観るのではない。そこにいるのだ。」というキャッチコピー どおりの表現ができたとき、近代的な複製技術としての芸術とは 別の芸術が出来上がるように思う。
読書時間 少数の判断基準によって編集された情報の大量 複製としてのマスコミュニケーションが、 判断基準の共有の権化であった。
大量複製 結局、抽象された結果としての「もの」は、既に 死んでいるために複製がしやすく、複製から逃れ 続けるには、抽象する過程としての「こと」で
大量複製 オリジナルとコピーの区別は存在しない。 情報の大量複製であるマスコミュニケーション において確保されるのは、受信チャンネルに
大量複製 送受信が均衡した情報伝達網においてオリジナル であり続けるためには、複製しきれないものに なるしかない。
大量複製 現時点での複製技術の精度は視覚と聴覚に偏って いるため、複製の完全性から逃れる手っ取り早い
大量複製 いるため、複製の完全性から逃れる手っ取り早い 方法は、それ以外の感覚に訴えることであるが、
大量複製 技術によって完全に複製されてしまうものに オリジナルとコピーの区別は存在しない。
大量複製 あり続ける他ない。 そこでは、常に繰り返される死が、複製しがたい 生をなしている。
大量複製 マスコミュニケーションでは大量複製された 「もの」が利用されてきたが、その死体の山が
ある島の可能性 DNAと人生記に書き込まれた情報からまったくの同一 人物を複製し、生殖や発生の省略と〈至高のシスター〉 という基準によって徹底的にエラーを排除することで、
西部邁 自死について 一蓮托生の行く末の他の選択肢としては、精神と肉体の 複製技術が発達し、ハードウェアからハードウェアへと ソフトウェアを移植するように、精神を別の肉体へと
感応の呪文 という情報の流れが完全に複製可能なものとみなさ れるようになることで、人間という膜が硬直化し、
感応の呪文 複製技術とは、「完全な複製」を定義する硬い膜を えいやで設定する投機的短絡である。
感応の呪文 人間以上more-than-humanの乖離が生じたのだと すれば、これもまた複製技術の問題の一つである。
[世界を変えた書物]展 その「遺跡」は、活版印刷術が複製可能性を 高めたことによって現れ、現在に至るまで、
[世界を変えた書物]展 こうした物理的な展示品や展示空間を用いた 考古学的展示が可能なのは、複製可能性が 高まったとは言え、紙やインクといった複製
[世界を変えた書物]展 高まったとは言え、紙やインクといった複製 されない情報があることで、原著の初版本が
[世界を変えた書物]展 共有されるからである。 完全な複製が可能であるという共通認識が もたれた情報に対してこの種の展示を行う
技術の完成 合理性を定める判断基準は次第に固定化していき、その到達点 である技術においては、ある一つの判断基準に基づく複製の 完全性を志向するようになる。
まなざしの装置 様々なメディアを介して自動的に志向される複製の完全性が、 正統なものAuthenticity=auto+accomplishを彫琢する過程は、
まなざしの装置 「飾る女性」、「縫う女性」、「模る女性」、「巡る女性」 というイデアル=理想の下、現実が理想の複製となるように イメージが反復されてきた。
日本史のしくみ タテの復興文化である変革はエネルギー論、 ヨコの複製文化である情報はエントロピー論。
クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime 顔、古着、心臓音、声、映像。いつかどこかで存在(present)した何かが、時空間上の隔たった位置において、不完全な複製として再現(represent)される。熱力学第二法則に従って高まっていくその不完全性を埋めるのは、記憶であり、物語であり、神話である。アウラは、その埋めている感覚から生まれるのではないだろうか。
生というプロセスの渦巻く情報の海において、物理的な近さの有限性を知りつつも、離れたところにある生との距離を縮める別の方法を模索するところに、人間らしさがあるのかもしれない。
金沢 兼六園やひがし茶屋街にも足を運んだが、10年前とあまり変わらない印象だ。それはそれで、長年続いているもののよいところである。ひがし茶屋街へ歩く途中、森八本店で菓子木型美術館なるものを見つけ、帰りに寄ってみた。流れているクラシック音楽とはあまりマッチしていないが、千点以上の木型がぎっしりと並べられた様は圧巻で、思わず見入ってしまう。木型という発想自体は同じものの大量複製に通ずるが、木型そのものは手作業による一品生産であるという、オリジナルとコピーの対比が面白く、やはりオリジナルとみなされるものだけが展示に耐えるのかもしれないという考えが浮かぶ。
深層学習による判断機構の技術的複製 深層学習によって、入力データと出力結果の組から自然な判断機構を自動生成できるようになり、深層学習による判断機構の技術的複製可能性が高まると、「無意識が織りこまれた空間が立ち現れる」ことで、「無意識的なものを爆破するという治癒的効果」によって判断機構の生滅の過度な発散を抑える「集団の哄笑」が可能になるだろうか。