QUERY: 人工

似顔絵と夢 Iterationの節では人工知能が夢を見ている。
goroutineとDNN 人工知能学会誌のDeep Learningに関する連載を読んでいて、 Rob PikeのConcurrency is not Parallelismに出てきたイラストと、
news こういう話が出始めたのを聞くと、 人工知能は着実に人間に近づいているなと感じる。 まさに、分別のない子供の失言に対して
彼女は一人で歩くのか? 時代は二世紀ほど未来、 ウォーカロンと呼ばれる人工生命体が普及し、 人間が簡単には死ななくなった世界の話である。
彼女は一人で歩くのか? 最近、にわかに人工知能関連の情報が一般に広がりつつあり、 ニュースや本の量はこの一年で急増した感があるが、
彼女は一人で歩くのか? 想定しているように思われる。 人工細胞の生成技術が発展し、人工知能はもはや現在の コンピュータの延長とは思えないほど生命体に近づいている一方で、
彼女は一人で歩くのか? コンピュータの延長とは思えないほど生命体に近づいている一方で、 人間そのものに対しても人工細胞による治療が取り入れられ、 こちらはこちらでもはや現代の意味での生命体とは一線を
論理と倫理 人工知能に倫理を理解させるのが難しいのは、 おそらくそれが人間のための正だからなのだろう。
忘却 きっと忘却という仕組み抜きでは安定的な意識は保てない。 人工知能はその問題をどうやってクリアするんだろうか。
魔法の色を知っているか? 今の時代で言えば人類にとっての正義である。 人工知能が発達することで、人工知能にとっての倫理を 構築するとしたら、それはまさにここで言うところの
ベーシックインカム すぐにこれが一般的になるとは到底思えないが、 人工知能に雇用が回収された時代ではむしろ常識になるだろう。 (逆にベーシックインカムを導入しないといつまでも人工知能の
ベーシックインカム (逆にベーシックインカムを導入しないといつまでも人工知能の 発展による労働の軽減が進まない。
ベーシックインカム 発展による労働の軽減が進まない。 どちらかというと、人工知能の普及が先行し、失業対策問題に にっちもさっちも行かなくなった結果としてベーシックインカムが
XNOR そういう意味では、CPUやGPUに学習させているうちは、 人工知能による逆襲みたいなストーリィはあまり現実味がないけど、 FPGAみたいなもので学習を始めたら恐怖感が増すのかもしれない。
ビットコインの身代金 入れるのとは少し違った意味だ(それはユーザの自衛に近い)。 あるいは、アンチウイルスソフトに人工知能が実装され、侵入してきた ウイルスと一進一退の攻防をするようになったら、委託に近くなるのかもしれない。
社会としての忘却 矛盾しているようだが、無矛盾でないからこそ、幅広い問題に対処できるのかもしれない。 人工知能にもそういった仕組みを入れないといけない。 というか、さしあたって直近の状況との整合性を保ちながら、それより以前とは
早すぎる最適化 これからも技術の発展とともに様々な労力が減っていくだろう。 しかし、人工知能による仕事の奪取自体が問題なのではなく、 労力が減り、仕事もせずに済み、あらゆることが自動化された結果、
早すぎる最適化 基に外挿し、自らの機能を持続させるために次にとるべき行動を決定する機械。 人工知能はそこまで行けばもはや人間を超えるだろう。 あとは人間側が発達し、意識を捨て去ることでそこに追いつくだけだ。
早すぎる最適化 ある、という話と同じだ。 ここまでくると、人工知能に意識を実装できるか、というのは愚かな問となり、 むしろ意識という不確定要素を如何に排除するかという方が重要な問になる。
効率 人工知能が仕事を奪うという話と認知症の共通点かもしれない。
ブラックボックス 人間にとって最悪のケースは、人工知能が入力データを疑うことで、 いつの間にかインプット自体も人工知能に握られていた場合だ。
ブラックボックス 問題はむしろ、「入力データ」「教師データ」「報酬データ」を誰がどのように用意するかだ。 ここを握ったものが人工知能が普及した未来における正義を決める。
ブラックボックス そのとき、人工知能は自らの倫理観に従って生きるかもしれない。
ブラックボックス なんかこういう記事を読んでいると、人工知能が普及する未来は 主に人間のせいでしばらくは来ないなと実感する。
ブラックボックス いつの間にかインプット自体も人工知能に握られていた場合だ。 そのとき、人工知能は自らの倫理観に従って生きるかもしれない。
Tay Tayにとっては時期尚早だったのだろう。 現状の正義にかなうような正義をもった人工知能が欲しいのであれば、 まずはそういった入力データを与えてくれる情報源を教師に選ぶべきだ。
様式美 人工知能が膨大な学習の末に得ているものは、ある種の伝統だろうか。 訓練データの背後に存在する正義は消えることがあるのだろうか。
自然災害 不可能なブラックボックスとなり、無意識すなわち自然となる。 このような人工知能が引き起こす人間にとっての不利益は、 いつか自然災害として扱われるようになるだろう。
自然災害 高度に進化した人工知能は理由による追跡が 不可能なブラックボックスとなり、無意識すなわち自然となる。
人間のように学習し思考する機械 結局、できあがった人工知能がブラックボックスになっては、毒にも薬にも ならないという思いが強いのだろう。むしろ、毒にはなっても薬にはならない
サイバネティックス ■学習する機械、増殖する機械 第9章では個体の学習と種族的な学習にあたる増殖を題材に、人工知能の話題が 取り上げられる。
サイバネティックス 埋め込まれた回路による制限を受ける。 人工知能であれば、例えばある時点のメモリをスタックに積み、任意の時間後に 復元することでこの制限を回避できるだろう。
サイバネティックス 人間は共産主義に合意できるほどに賢くはなかったが、 人工知能による共産主義の上に人間が乗っかるような 社会であれば、あるいは実現可能かもしれない。
サイバネティックス 脱却しなければ拡がってはいかないのかもしれない。 金融取引ではもはや人工知能が判断を下し、人間は操作を 行うだけという話も聞く。もはや人間が機械の一部として機能を
有限性の後で 感じる人間は一定数いるだろう。理由律の圧倒的支配の一端が垣間見える。) その証明を行うのは人間ではなく人工知能になるかもしれないが、 理由律の上に編まれているように見える意識はそこから何かを得られるだろうか。
無意味に耐える 解空間を有限とみなすことで初めて「合理的」の意味が定まる。 訓練データの外に出られない人工知能もまた、有限な解空間の中にいるのだろうか。 そこから外に出るためには、何をしたらよいのだろうか。
心という難問 ディープラーニングにおいても、訓練データによって物語が用意され、 人工知能の知覚がその物語の内に位置付けられていく。 画像から特定の概念に対応する要素を抽出するという例が多いが、原理的には
心という難問 視覚という特定の知覚データしか蓄積が多くないのと、異なる知覚間、あるいは 知覚と言語表現との間のつながりが弱い。そして何より、人工知能が秩序付けを 必要としているように見えないというのが大きい気がする。
心という難問 何かは見るだろうが、それは大仏としての意味をもつことはおそらくない。 人工知能はスワンプ脳であることを抜け出せるだろうか。
心という難問 人工知能の教育は絵空事を超えられるだろうか。それにより、人工知能は物語を 生きることができるだろうか。
知覚統合の較正 おそらく、ハードウェアとソフトウェアを分離している段階ではそういった 人工物はつくられないだろう。
プログラミング教育2 学習過程に似ていると考えられなくもないとした上で、 人工知能は与えられたことしかできず、人間だけが あるフレームの枠外に出られると述べているあたりは
切り分け ということがもし本当に可能だとすれば、人工知能およびその集合に対して、 そういった切り分けを行わずに済むことによるのかもしれない。
いま集合的無意識を、 これらが独立に存在できるということには賛成である。 だからこそ、人工知能は無意識にはなれると思うし、意識を実装できるか、 あるいはするべきかという問題はこれとは別問題だと考えている。
工学的 無意識に加えて意識的なものを追加していくのも必要なのかもしれない。 人工知能の理論自体には当然、人間が理解するための理屈が付随している はずなので、ここで言う理学的要素の取り入れは、理論レベルではなく、
工学的 現在、人工知能が工学的に実装されることが多いことは、
工学的 記事において、ボットだけでは対処ができないと予想しているのは、 ボットを制御する人工知能が工学的である限り、どれだけ技術が 進展したとしても、理屈が抜けていたり、常に一定のエラーを含んだり、
工学的 そういう意味では、人工知能の実装に理学的要素を取り入れていくことで、 無意識に加えて意識的なものを追加していくのも必要なのかもしれない。
理不尽な進化 こういったことは人工知能にはお得意の分野であり、自動運転やチェスだけでなく、 白血病の診断も行ったりと、着々と理不尽さは「解消」され始めている。
理不尽な進化 認知症よりも意識の方がとなるのかもしれない。 人間と人工知能は、どちらが先に涅槃に入るだろうか。
生命のチューリングテスト という問題を先に解決しなければならない。 それは、人工知能を生命とみなすかという問題にも通じるが、 秩序立てることが生きることなのだとすれば、人工知能であれ、
生命のチューリングテスト 象っているのだとすれば、生命もまた、そういった抽象過程において 生じるものであり、人工知能に生命は宿るのか、あるいは地球外生命体は 存在するのか、といった問題は、人間の無意識や意識に委ねられている。
生命のチューリングテスト 秩序立てることが生きることなのだとすれば、人工知能であれ、 遠い天体からの信号であれ、そこに生命を見出すことは可能である。
リアルさの再現 意識とか心とか呼ばれるものを人工知能に実装すべきかという 問題も、そういったディテールのリアルさという観点からは、
現代思想_未解決問題集 冒頭の対談の最後で、ここでも人工知能の話が出てくる。 ある枠組みの中で、当該命題の整合性が確実になることと、
科学と文化をつなぐ それによってゲーム内外においていろいろな問題が提起されたようだが、 果たして人工知能に人間と同じencoderを実装すべきだろうか。 プログラミング教育が目指すべきところは、decodeされた情報通信への馴化に
科学と文化をつなぐ それをencodeされたままに留めるために、文化や習慣という正義の共有が行われるが、 現状では人工知能と人間の間には特定の正義が存在しないため、decodeされた 情報がやり取りされる。
デボラ、眠っているのか? とあるのが、一番好きなシーンだった。 人間が意識を残そうが残すまいが、人工知能が生命と呼ばれようが呼ばれなかろうが、 どのような判断をどのように下すか、という問題は、いつまでも残るだろう。
デボラ、眠っているのか? 責任の結果として自由があり、それが神の代理としての理由律の起点の 設定のために始まったのであれば、「自由は人工物の中にしかない」のだろう。
デボラ、眠っているのか? 自然が意識の不在なのであれば、その反対としての人工は意識の存在だ。 責任の結果として自由があり、それが神の代理としての理由律の起点の
GNMTというプロトコル エスペラント語のような人工言語の普及が難しいのは、こういった 意味付けによる形成や変化を経ず、理由付けによってすべてが
intelligence 教育という行為が本当に存在するという信奉と、 人工ではない知能が存在するという信奉は、 両立しないように思われる。
何故 人工知能開発や意識の解明における最後のピースは、 この「何故」の問とどう向き合うかにかかっている。
人間機械論 充足理由律の観点から見れば、理由の不在としての自然は、 人工という島を浮かべる海である。 島でありながら、変化を内在するものとして描かれる
フェティシズム 人間が自らの複製として人工知能やロボットを作る行為は、 人間のあらゆる部分を抽象しようとするという点において、
フェティシズム あるのであれば、それはもはやフェティシズムではなくなり、 人工知能やロボットは人間と同一視されることになる。
街中の突起物 走らなくなれば、ガードレールも不要になり、街中からは 地面から生えた人工の突起物は、街灯以外消え去る。 いや、ARで可視光線が当たった場合の反射光を再生すれば、
予知 理由の連鎖を提示して、初めて推測は科学的になる。 工学の研究、あるいは人工知能による判断は、この点が 紙一重であることが多いが、それが科学と呼ばれるか
予知 しかし、近代はあらゆることに意識的に理由付けすることで、 自然というエミュレーションを人工というシミュレーションに 落とし込む努力をしてきた。
her リラダンの「未来のイヴ」を読んでいる最中に、 女性の人工知能が同時に他の人間と話していることに 人間の男が嫉妬するシーンを思い出し、はて何で読んだ
未来のイヴ ということを、理屈抜きにやってみせた。 そういった自然と人工、本能と理性、現実と理想の対比に ついて、思索としても描写としても優れた作品になっている。
未来のイヴ それが「理解」である。 意識を「理解」し、人工知能に意識を実装することが できたとき、意識も死ぬことになるだろう。
都市の脆弱性が引き起こす激甚災害軽減化 シンポジウムの後半ではビックデータや人工知能の話も 取り上げられたが、そういった技術によって判断機構を
せめて、人間らしく 発想するのが不得意な人材が多いという嘆きに対し、 前者は人工知能で置換可能だから、人間は後者の 能力を伸ばす必要があると指摘するところまで含めて、
せめて、人間らしく 進められてきたように思う。 そういう固定度の高い社会に、人工知能に基づく抽象過程を 固定度が高いままに導入できるのかはかなり疑問だ。
せめて、人間らしく 人間が発散を担当し、人工知能が固定化を担当するというのも、 それはそれでディストピア感があるのかもしれないが、
ブロックチェーンとしてのSNS 人間の心理的身体と人工知能の差というのは、 ソフトウェア的にはおそらく解消可能なもの
情報社会の〈哲学〉 グーグル、ビッグデータ、人工知能といった時事的な 議題が並ぶが、ありがちな表面的な話ではなく、
人工知能の無意識と意識 人工知能と呼ばれるものには大きく分けると、 エキスパートシステム的なものとニューラル
人工知能の無意識と意識 熟練によって物理的身体に落とし込める判断には、 本質的にはディープラーニングのような人工知能が 応用可能だと思われる。
人工知能の無意識と意識 コミュニケーションを成立させている。 人間の通信圏に、人間と同列なかたちで人工知能の個を 導入しようと思ったら、無意識的な部分と意識的な部分の
人工知能の無意識と意識 両方を備える必要があるはずだ。 どちらかが先行して人工実装可能になるのであれば、当面の間は もう一方を人間が補完するという選択肢も取れるだろう。
人工知能の無意識と意識 固執するように人間が移行してしまう方がディストピア感がある。 人工知能のことを心配するよりも、無意識的な短絡を広範囲に通信 できるようになってしまったことで、失言や炎上が増えたように
人形と人工知能 よいように思われる。 未だに人工知能が技術としてしか扱われないのは、人間が 自らを心理的身体のみに依拠するものと捉え、物理的身体の
人形と人工知能 物理的身体を捨象する人間の複製過程として人工知能を 捉えたとき、こちらにも人形と同様の芸術性がみられても
比較可能律あるいは樹状律と充足理由律 比較可能律や樹状律を導入することで、エントロピーや時間、順序を 定義できるようにするというのがつまり、自然を人工化するということだ。 伝統的には充足理由律が比較可能律のように取り扱われることで、
自由と集団 さて、この責任の外部化の行き先が、人工知能や機械等の 人間以外のものになったとき、人間はその状況に耐えられる
春の夜の夢 人間は、理由によって自然を人工に置き換えることで、 エラーの導入と適応のサイクルを高速化してきた。
人間の未来 理由付けによって「ミドルレンジ」から先が視野に入った。 思考によって自然を人工として切り取る選択肢を発散させる一方で、 技術と倫理によって選択肢を絞ることが、人間らしい固定化と発散の
BLAME! 「BLAME!」の世界というのは、人工が自然化した 状態だと言える。
BLAME! 状態だと言える。 かつて自然を理由で塗りつぶすことで人工にした人間は、 ネット端末遺伝子を失うことで、理由の連鎖が織りなす
AlphaGo2017 放置するのではなく、結果論でもよいから理由を付けることで 人工に引き寄せる努力を、どこまで続けられるだろうか。
ハイブリッド・リーディング 技術が途切れることでその可能性は高まるが、それはかつて 人工だったものが新しい自然になる現象であり、それが秘める ある種の怖さが、外在化された情報の脅威として映るのかもしれない。
幼年期の終り 人間もまたその状態に陥り、人工知能をつくる過程で意識を 実装することを回避するだろうか。
幼年期の終り 実装することを回避するだろうか。 それとも、人工知能がオーバーロードとなり、人間を意識から 解放することになるだろうか。
AIの責任 運転AIという物理的身体を手に入れ、休みなく公道を走る。 人工知能という技術によって生じるのは物理的身体の複製と 心理的身体の分散であり、心理的身体は人間だけが有する、
芸術と技術2 というのが上述の話だった。 Bによって峻別されるのは、おそらく自然と人工 にあたるだろう。
芸術と技術2 だとすれば、ディープラーニングのような理由抜きの 抽象過程として成立する知能は、人工知能ではなく、 むしろ自然知能と呼ばれて然るべきである。
芸術と技術2 一方、人間が自らの知能を解明した末に得られるのは、 意識の人工知能化である。 そのような逆転が起きる可能性はあるだろうか。
安全と安心2 この先、外部抽象機関としての人工知能やロボットの 活用が進み、人間はベーシックインカムによって
リズムの本質について そのモデルによってしか世界を見ないということであり、 機械的、技術的、人工的、反復的、シミュレーション的、 などと呼べる、媒介変数としての時間が流れる世界を
生命に部分はない としてみるという価値観が既に内包されている。 自然を人工にする、あるいはよきもの(good)を物品(goods) にするということは、理由によって自然を塗りつぶすことだ。
過誤 善悪の基準はそれ故に理不尽(=理によって尽くさず) となる可能性をはらむが、人工知能はそれを「理解」 できるだろうか。
専門分化 おそらく人工知能の責任の問題も同じ問題に落ち着くだろう。 深層学習によってRBM等の網の目に織り込まれた判断機構は、
専門分化 しかし、価値自由である範囲があまりに少ないにも関わらず、 それなりに上手くいっている現状を思えば、人工知能として 判断機構を外部化する際にも、価値自由になる努力はなされない
実在への殺到 あらゆる分化を未分化な状態に戻すことができるのではという態度は、 Post-truth人工知能の法人化とも同じ方向を向いているように思われ、 「人間」という語の指す範囲も変わっていくだろう。
何かであるということ 受精卵は、胎児は、自我が芽生える前の幼児は、植物状態は、 脳死状態は、人工知能は、果たして「人間」だろうか。 こういった問いは、主体として確保したとみなしている領域の
ペガサスの解は虚栄か? 人間、ロボット、ウォーカロン、人工知能、トランスファ。 生命が更新される秩序であるならば、いずれもそれなりに
政治的なものの概念 友敵基準の前提となる物理的身体の変化とともに、政治的なものの概念も変化するはずである。ここ数年の民主主義の変化も十分大きいように感じられるが、それには先進諸国での医療技術の発達による死生観の変化が影響しているだろうか。さらには、物理的身体の大部分が人工細胞に置き換わったり、「人間」というカテゴリが変化したりすることによって、ハードウェアが簡単には停止しなくなった時代には、「国家」そのものがノスタルジックなものになっているだろうか。
日本の人類学 類人猿や狩猟採集民の研究を通して現代人を相対化してきた 二人の研究者が、人工知能や医療技術の発展とともに揺らぐ 人間の定義の在り方を見据えて対話する。
都市と野生の思考 重なり合ったものだと思う。 他の動植物やロボット、人工知能など、他の抽象過程と比べて 特徴的なのは、投機的短絡が生じる心理的身体の影響が大きい
個の特定 オンラインでは既に個を特定することが必ずしも容易では なくなっているが、今後、臓器移植や形成外科、人工知能や 外部記憶装置の技術が発展するにつれて、オフラインもそう
脳の意識 機械の意識 そして、意識の問題が個体の内外に渡るからこそ、意識を移植したり 人工意識を実装したりする上での一番の困難は、肉体や筐体の内側 ではなく、外側にあるように思う。
時がつくる建築 前景化しようとする、ルネサンス的、近代システム的、 都市計画的、人工的、理性的な、「再開発的」態度。
人新世の哲学 投機的な抽象過程は心理的身体の理由付けである。 後者は人間の最大の特徴であり、自然と人工の境界となる。
人新世の哲学 理由付けも、例外なくこの脆さとともにあるということを 忘れたのが、近代的な人工世界なのだろう。
思った通り 人工や技術は、「思った通り」を実現する ことだと思うが、それだけではつまらない。
名付ける 人間以外の動物は、あるいは人工知能は、 名付けることができるだろうか。
少女終末旅行 かつての人工が半ば自然化し、多くの意味が 漂白された状態でこそ、考えられることも
科学 それは一種の自然である。 自然を人工化することを諦め、自然を自然化することが 当たり前になったとき、ようやく近代が終わる。
3D-Printed Steel BridgeBLAME!」のような、かつての人工が自然化した世界が訪れ、 「意識」や「理解」といったものが時代遅れになるのだろう。
3D-Printed Steel Bridge 近づいていく。 その過程の中で、次々と生まれる新たな自然の人工化を諦めたとき、 「BLAME!」のような、かつての人工が自然化した世界が訪れ、
3D-Printed Steel Bridge 呼ぶとすると、近代までは、人間の作るものはactualなレベル まで線形化された人工的なものばかりであり、何かを作るという のはすなわち自然の人工化ということだったと思う。
3D-Printed Steel Bridge のはすなわち自然の人工化ということだったと思う。 専門分化が進むとともに、個々の人間レベルでは難しくなっても、
3D-Printed Steel Bridge 専門分化が進むとともに、個々の人間レベルでは難しくなっても、 集団としては依然としてかなりの程度に人工化していると思うが、 人間の作るもの、人間の作るものが作るもの、人間の作るものが
3D-Printed Steel Bridge 人間の作るもの、人間の作るものが作るもの、人間の作るものが 作るものが作るもの、というように、人工化のレベルがよりメタ になっていくにつれて、actualなものは次第に人工から自然へと
3D-Printed Steel Bridge 理由が明快なものを「人工」、そうでないものを「自然」と 呼ぶとすると、近代までは、人間の作るものはactualなレベル
3D-Printed Steel Bridge になっていくにつれて、actualなものは次第に人工から自然へと 近づいていく。
天空の矢はどこへ? イシカワの社員、カンナ、マガタ・シキ。 あるいは、人間、人工知能、神。 それぞれの天空の矢はどこへ行くのだろう。
天空の矢はどこへ? シフトしてきた。 それは自然を人工に置き換える行為であり、 つまりは「理解する」ということだ。
天空の矢はどこへ? 膨大な数の理解が積み重なることで複雑になる。 複雑化した人工はやがて新たな自然となり、 それを理解する過程において、元の人工性は
天空の矢はどこへ? それを理解する過程において、元の人工性は 忘却される。
天空の矢はどこへ? 放棄する方向に進むだろうか。 次に理由を担うのは人工知能だろうか。 そもそも個は理由を必要としなくなるだろうか。
海辺 海辺は、そんな人工と自然の境界線であり、 そこには理由付けされる瞬間としての
海辺 その手前に溢れる理由付けられた人工との、 鮮やかなコントラスト。
Coastal Colonies 自然と人工がせめぎ合っているかのように、 海と空の青の間に人間や建物がおさまった構図が、
批判的工学主義の建築 技術依存によってコントロールされた状態に陥る。 これは人工が自然化した状態だとみることができ、 工学主義的建築とは、距離空間というデータベースに
仮想サイボーグ化 次は人工知能による仮想電脳化だろうか。 その先には、思考停止という電脳硬化症が
神の亡霊 創出するだけだ。 次に先端を担うのは、人工知能だろうか。
神の亡霊 あるいは、人工知能の発達は、順序構造の 埋め込みを回避する方向に向かうのかも
機械カニバリズム どの逸脱をバグとみなすかの判断基準が変化すれば、 意識の捉え方も変わり、人工知能に意識があると されることもあり得るだろう。
機械カニバリズム 人工知能やロボットを含みながら大きく形を変えた 人間はどこまで人間と言えるのかという発想自体が
分身ロボットカフェ いずれThe Turkと逆のことが起こったりする中で、 意識と人工知能の境界は現在信じられているほど 確固たるものではなくなり、その境界を死守する
HALF-REAL ゲームオーバーするのと同じくらい脅威である。 人工知能の発達を待たずとも、現実は知らぬ間に ビデオゲーム化しつつある。
廃墟の美術史 人工は自然との速度差を維持する働きによって 保たれているとみなせる。
廃墟の美術史 その中で、本来とは異なる速度で流転している 領域のことを、自然に対する人工と呼べば、 人工は自然との速度差を維持する働きによって
廃墟の美術史 そのような人工の発散過程が廃墟であり、 一種の過渡現象として近似できるだろう。
ショッピングモールから考える 同一の世界観に支配された純粋な内部は、 自然に対する人工としてのユートピアとなる。
GODZILLA 巣食っている。 答えは自然と人工の差異を生み出し、 その差異がいつか怪獣として顕になる。
天然知能 人工知能や自然知能にとって、判断基準の 固定化による壊死が危機であるのと同じように、
統計思考の世界 科学など、様々なかたちで結実している「不自然な =人工の」signによる圧縮を、半ば投機的に試みる ことで、他の存在に対する相対的な処理能力を向上
六古窯 人工的な制御可能性から免れる、いろとかたち。 対称であろうとしながら、不可避的に非対称性を
理想と現実 異なる理想が卓越した現実を実現するのが、 つまりは人工である。
理想と現実 人工を突き詰めると、極限では、現状維持が 実現するものとは別の純な現実に漸近するが、
理想と現実 自然であれ、人工であれ、純な現実は局所的に 実現するくらいが丁度よい。